pet検査の基礎知識


pet検査の基礎知識

pet検査は、6時間程度絶食をしてから、静脈から薬剤を入れた注射をして、医師が画像を確認をして病巣の位置を特定できる最新のがん検診です。
pet検査は、静脈に注射をする時に少し痛みがありますが、検査を受けている間は痛みはほとんど感じず、体に負担の少ない方法です。
注入した薬剤は、時間が経つと尿として排出されます。
pet検査をすることで、超早期のがんを発見できるので、早い段階から治療を受けることができるため、治癒する確率が高くなります。
乳がんや胃がん、肝臓がんなどの病気を発見できますが、pet検査だけでは、良性なのか悪性なのか判断が難しい部位もあります。
MRIなどのほかの検査と組み合わせて検査を行うので、多くの人が早期に病気を発見しています。
現代はがんに罹る人が増えているので、20歳を超えたら、がん検診を受けることが大切です。
保険適用外の検査になっていますが、多くの医療機関で検査を受けることができます。

pet検査についてまとめました

早期ガンを発見するために有効な検査方法として、pet検査というものがあります。
この検査は、ガン細胞が、正常細胞と比べて、大量のブドウ糖を消費するという性質を利用して、ガン細胞を発見するものです。

pet検査は、具体的には以下の流れで行われます。
まず、ブドウ糖に似た分子構造を有するFDGと呼ばれる物質を含む、特殊な検査薬を、検査する人に投与します。投与後、一定時間が経過すると、FDGが、ガン細胞が存在する部位に集中します。そこで、体の全身をpetスキャナという専用の装置で撮像することによって、FDGの集中している部位を検査します。このFDGの集中している部位は、画像上で色がつきますので、ガン細胞の存在が疑われる箇所が一目でわかります。

ただし、元々ブドウ糖が集まりやすい、脳、心臓、肝臓、腎臓などの臓器については、ガン細胞が存在するからFDGが集まっているのかの区別がつきにくいため、別の検査方法も併用して診断を行うことが望まれます。

 

PET検査の施設をお探しならマーソ(MRSO)で検索!予約!